カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ

染色別分類

  大島紬を染色別で分類した場合、奄美大島産地では泥染大島紬と

  色大島紬の2種類が主に生産されています。

   

1.泥染大島紬 

     泥染めは本場奄美大島紬を代表する染色法で、手もみにてテーチ木液と泥で染色を繰返すため、糸は

    やわらかく化学染料では、だすことのできない高級感のある光沢をもち深みのある黒色になります。

    これが大島紬独自の風合いとなります。

    絣糸は締め加工した後にテーチ木液と泥で染色をしたもの(絣が白味の単色)のほか

    白絣部分に化学染料を染色した色入りがあります。地糸はテーチ木液と泥で染色した糸を使用します。

    この大島紬には純泥染めの証紙が貼り付けられます。

2.色大島紬

     絣糸地糸ともに化学染料で染色した明るい色使いの大島紬です。鹿児島産地では主にこの大島紬が

    生産されています。

3.泥藍染大島紬   

     絣糸は植物藍で染色した後に締め加工を行いテーチ木液と泥で染色します。

    そのため絣部分が藍色になります。

    地糸は植物藍で染色した後にテーチ木液と泥で染色した糸を使用します。

    その他に絣の藍色を部分的に抜染して色入れしたものもあります。

4.草木泥染大島紬

     泥染大島紬がテーチ木を使用するのに対して草木泥染大島紬はテーチ木以外の植物染料と泥で染色します。

    この大島紬には草木泥染めの証紙が貼り付けられます。

5.白大島紬

     絣糸の地の部分は白色で絣部分に染色し色付けします。地糸は白糸のまま使用します。

絣糸で分類

大島紬を絣糸で分類した場合

奄美産地では経緯絣大島紬が主に生産されています。

※糸1本に2色以上の色が入っている糸・・・・絣糸(かすりいと)
※糸1本が1色の糸・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・地糸(じいと)

※大島紬は絣糸の絣(点)で柄を表現します。

 地糸は白糸での使用または1色に染色するのに対し絣糸は

 締め加工・むしろ染色・目破り・摺込み染色・ばら破りなど

 作業工程が増え手間がかかり高度な技術を要します。


1.緯絣大島紬(よこかすり)

経糸(たていと)は1色のものを使用して、緯糸は地糸と絣糸を使用した大島紬。

鹿児島産地で主に生産されています。

2.緯総絣大島紬(よこそうかすり)

経糸は緯絣大島紬と同様で、緯糸は絣糸だけを使用した大島紬。

緯絣大島紬と比較すると柄が鮮明になります。

3.経緯絣大島紬(たてよこかすり)

経糸、緯糸ともに絣糸、地糸を決められた配列で織られた大島紬。

緯絣大島紬と比較すると柄が鮮明になり高級感がでます。

経糸と緯糸の正確な絣合わせは手織りの高度な技術が

必要となります。奄美産地で主に生産されています。

    

4.経緯総絣大島紬(たてよこそうかすり)

経糸は経緯絣大島紬と同様で、緯糸は絣糸だけを使用した大島紬。

経緯絣の密度で分類

経糸の糸密度と絣糸の使用本数での分類

本来1マルキとは経絣糸80本の意味ですが作業の効率化、絣の表現方法などの改良から

マルキの呼称は意味を持たないものもあります。

本場奄美大島紬を糸密度と絣糸の使用本数で分類した場合、以下の種類があります。

奄美産地では現在【13算9マルキ】【7マルキ】【9マルキ】を主に生産しています。

1. 13算・・・経糸を反物の幅1cm間に約26本使用している大島紬

    【13算】 経糸の配列は絣糸2本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸2本

    【13算9マルキ】 経糸の配列は絣糸1本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸1本

2. 15.5算・・・経糸を反物の幅1cm間に約31本使用している大島紬

    【5マルキ】 経糸の配列は絣糸2本地糸3本、緯糸の配列は絣糸2本地糸2本

    【7マルキ】 経糸の配列は絣糸1本地糸3本、緯糸の配列は絣糸2本地糸2本

    【7マルキ一元】 経糸の配列は絣糸2本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸2本

    【割込み式】 経糸緯糸の配列は絣糸2本地糸2本絣糸1本地糸1本

    【9マルキ】 経糸の配列は絣糸1本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸1本

    【9マルキ一元】 経糸の配列は絣糸2本地糸1本、緯糸の配列は絣糸2本地糸1本

3. 18算・・・経糸を反物の幅1cm間に約36本使用している大島紬

    【12マルキ】 経糸の配列は絣糸1本地糸2本、緯糸の配列は絣糸2本地糸1本

ページトップへ